標的型攻撃とは | 脆弱性対策を行うことでパソコンを安全に利用|情報を一括に管理する

脆弱性対策を行うことでパソコンを安全に利用|情報を一括に管理する

検索

標的型攻撃とは

現在多くの企業などに警戒されているサイバー犯罪として、標的型攻撃が挙げられます。
この標的型攻撃は、不正アクセス同様悪意ある第三者の介入により、行われた人に対し大きな不利益を被らせます。
この標的型攻撃の特徴として、不正アクセスとは違い使用する人に気づかれず、継続的に情報を収集できるという点があります。
不正アクセスでは、脆弱性対策が不十分なユーザーを狙い、パソコンから情報を抜き取ることや、遠隔操作によって不当な利益を得るなどの行為を行います。
標的型攻撃は、長期間にわたってパソコン内部に潜むことにより、企業の情報を細かくチェックし、継続してリークを行うという目的があるのです。
こうした事柄から、標的型攻撃は企業のパソコンを目標とする場合が多いのが特徴となっています。
企業のパソコンでは、セキュリティソフトの導入などによって脆弱性対策が行われているため、こうしたサイバー犯罪にも対応できるように思われます。
しかし、標的型攻撃では企業が行っているセキュリティ対策を念入りに調べ、システムの弱点を突いて侵入を行うことができるのです。
痕跡を残さず、実際にパソコンを使用する人にも悟らせず情報をリークする抜け穴を作るのがこの標的型攻撃の厄介な点です
情報の漏洩によって、企業が与えられるダメージは計り知れないものです。こうした標的型攻撃に対応するため、専門の業者にセキュリティを委託する必要があるでしょう。

脆弱性対策を専門に行う業者は、こうした標的型攻撃にも対応してくれます。
脆弱性対策として、業者独自のセキュリティシステムの構築とともに、怪しいメールを受信した場合の対処法などを学ぶこともできるでしょう。
標的型攻撃は、取引先からのメールを装って侵入するという手法がとられているため、脆弱性対策として使用する社員にも手口を周知させる必要があるのです。